サラリーマンの仕事で役立つ本を紹介【理想の将来像へ導きます】

リーマン君
久々に休みが取れたけど、何も予定無いしたまにはスキルアップのために勉強しようかな。あっでも超本気の英語学習とか無理(^^)。せっかくなら実務で役立つサラリーマンの心得や仕事術を教えてくれる本が良いかな。誰かオススメ教えて。!

たけ
前向きな学習姿勢とっても良いですね!私も過去に仕事の進め方や人間関係で悩んだ時に素晴らしい書籍に出会い助けられました。では本日は特に中堅サラリーマンの方に有益で将来役立つ書籍をご紹介します。
本記事の内容
・サラリーマンの仕事で役立つ本が分かる
・サラリーマンが最終的に目指す姿が分かる

たけと申します。現在、半導体メーカーでプロセスエンジニアとして働いています。私は34才、46才で2度転職を経験しています。

 

最初の会社では上司に評価されず苦悩と葛藤の日々でした。でもそんな悩みは同僚には打ち明けられませんでした。そんな時、私を助けてくれたのは数々の有益な書籍です。素晴らしい書籍に出会い大きな勇気とパワーを貰いました。

 

それによって酷い境遇でも腐ることなく、サラリーマンとして大事なノウハウや技術を着々と積み上げることができました。結果、転職後にその能力が評価され重要なポジションでやりがいのある仕事を任されています。

 

本日は過去の私と同じく将来に迷いのある方、またはサラリーマンとしてスキルを上げたい方へ、どれもサッと読みやすくて理解が進む書籍を独自セレクトでご紹介します。

 

スポンサーリンク

サラリーマンの仕事で役立つ本

下記のように目的別に紹介します

  • 働く姿勢に関する書籍
  • 人間関係に関する書籍
  • 思考法に関する書籍
  • 独立・経営視点に関する書籍

の4つの視点でそれぞれオススメの書籍をご紹介します

 

  • 今熱い!Kindle Unlimitedについて

今回ご紹介する有益な書籍は、Amazon Kindleで読める書籍が沢山あります。今ならKindle読み放題のKindle Unlimitedが30日間無料体験ができ、すぐその場で読めるので便利ですよ!あと書籍よりKindleの方が安くてお得ですしね。

 

オススメKindle Unlimitedを1カ月無料体験する

 

働く姿勢に関する書籍

ではまずは働く姿勢というか、どんな思想で働くべきかを指南してくれる書籍をご紹介します。普通は仕事=一生懸命=何でも必死みたいな構図になりがちですが、これらを読むと色々な見方考え方に気づかされます。

 

この本を読んで結構衝撃を受けました。元グーグル人事部長による本当に意味のある働き方への提言・アドバイスと言った位置づけ。一生懸命頑張っている方にこそ読んで欲しい一冊。
良く「頑張ります」「すぐやります」というサラリーマンは多いけど、それって本当にやる価値ある?やるならどうしたら効果を最大にできるの?といった問題意識を持ち、無駄な頑張りを排除することが大事という話。


著者は元東レ社長の佐々木常夫氏。自閉症の長男、病に倒れた妻の看病をし全く時間が無い中でも、圧倒的な実績・業績をたたき出すための仕事術、仕事への対処法、リーダー論を学べます。
内容も入社したばかりの新入社員へ、優しく順を追って手紙形式で説明していく構成になっており、特に20代~30代の若手・中堅世代の方には非常に有益な仕事マインドが学べる一冊。


これ正直面白いです!今の時代に合ったリーダー論を語っており、今は昔のような「俺についてこい!」なんてリーダーは部下に受け入れられず寒いだけ、という考え方(笑)。
部下と良い関係が築けず悩む新米リーダーさんも多いですが、大事なことは部下それぞれの個性や考え方を尊重し、それぞれが生きる配置・采配を調整するのがリーダー。決して偉い訳じゃないと自覚。
やっぱりKindleの方が安いし良いかもという方は・・・
オススメKindle Unlimitedを1カ月無料体験する

人間関係に関する書籍

仕事が嫌になってしまう理由はほとんど人間関係の悪化ですよね。私も過去にさんざん酷い扱いをうけ苦悩しました。だからこそ有益な先人の知恵を借り明るい未来に気づいて欲しいです。

 

 

この本の良い点は、まず事例が多く分かりやすいこと、そして「この場合は相手はこんな風に考えているので、こう動くのが得策です」などの指針がとても具体的なことです。

相手が同僚、上司、部下で対応の仕方をどう変えるかも分かるので、職場の人間関係で悩んでいる、あるいは転職後に馴染めるか不安な方にはとても役に立つと思います。

 

こちらもとても役に立ちました。さきほどと一部内容的に被る部分もありますが、こちらはそもそも「なぜ職場の人間関係がこじれてしまうのか?」「どう考えればお互い衝突しないか?」の答えが分かります。

あの人とは合わない、とすぐ決めのではなく、基本的な考え方が違うだけで「それぞれ個性が違うだけ」と捉えるのがポイントなのです。多角的な思考が出来ますよ。

 

京都大学法学部出身で落語家という変わった経歴をお持ちの桂福丸さんの本です。かなり有意義でした。怒られたときにしんどい、恥ずかしいみたいにただ嫌だと考えるんじゃなく、素直に向き合うことが大事だと力説。
怒られることに慣れてない人が、怒られたときにどう考え、受け止めそこからどう行動すべきかの指南書と言って良いかも。仕事で怒られショックを受けた経験があれば一度読んでみると良いですよ。

周りの目が気になって仕方ない人、怒られてもいつまでも立ち直れない人、すぐに思い悩んでしまうタイプの人に良いかもしれません。図太く強く自分流に生きる方法を教えてくれます。
著者の枡野俊明さんは「世界が尊敬する日本人100人」にも選出されたかなりすごい方ですね。さすがの深い、ためになる書籍でした。

 

思考法に関する書籍

思考法、というか仕事へのテクニカルなアプローチ法と言った方が良いかもしれません。具体的にはどんな方法論や理論を使って状況整理や分析を行うかということ。

 

最速で意思決定をするためには最初の時点で仮説を立て、その仮説が正しいかを検証する作業がベストという話。情報過多、分析過多になりがちな業務をバッサリ切り捨ててます。
普通のサラリーマンは、とにかく情報ばかり集め最終的なゴールを見据えて仕事をしている人が少ないです。が、短納期で成果を出すにはこの思考法は必須だとたけは考えます。

一言で言えば「思考の際は、知識をいったん分離する」、つまり思考と知識は別物ということ。人は過去の経験や知識で物事を判断しがちだが、それで本当に良いの?正しいの?と問いかける。
同じ現象、数値データに対して常に自分で練りだした「思考」で考察することが大事と力説。知識などその時の記録、思い込み、イメージでしかないということ。独創的なのに超納得の一冊。

すらすら読めてスガスガしさも感じてしまう一冊。体制を妄信し身動きが取れないバカ、人の時間を平気で奪うバカ、未熟でも知ったかバカなど納得のバカばかり(笑)
きっとあなたも「あっあいつだよ!」と思わず笑っちゃうと思いますが、リラックスしながら本来の自分を突き通す大切さを学べると思います。※バカという表現は本に準拠※
しまったKindleのリンクどこだっけ?という方は・・・
オススメKindle Unlimitedを1カ月無料体験する

 

独立・経営視点に関する書籍

単に雇われ者ではなく、もう少し上の視点で会社全体・仕事全体を俯瞰できる書籍を紹介します。つまり社長や経営者としての見方ですね。

 

端的に言えば、個人事業主、あるいは起業のメリットを丁寧に解説している本です。サラリーマンとして搾取されている税金を節約し、事業主として生計を立てればその分収益は上がるよと。
具体的にはビジネスを学び、搾取される税金含め起業することで1億円程度の資金を作り、社会的独立が可能になるということ。これが誰でもできる「人生の利益の最大化」という結論。

かの有名な松下幸之助と孫正義さんの参謀として仕事をし、超一流の2人から学んだ最強経営者33の思考法を述べています。結局成功する人は、最後まであきらめずやり抜くから成功者だと。

あと新米リーダーさんにぜひ伝えたい言葉は信頼、尊敬で人は動く 人に任せたら最後まで任せる悟を持つ」という名言。なかなかどっしり構えて任せるのも心配ですよね。でも任せる(笑)。

 

サラリーマンが最終的に目指す姿とは?

結論から言えば
経営思考をもった能動的人材」になることだと考えています。

 

これまで働く姿勢、人間関係、思考法、独立・経営視点に関する有益だと思う書籍を紹介してきました。これらを一通り読み、血肉とし、仕事に十分生かせたらどうでしょうか?

 

  • 効率的な仕事の段取りが組める
  • 人の采配・調整が上手い
  • 最短でアウトプットが出せる
  • 大局的な視点がある

 

という最強リーマンが出来上がります。つまりは経営者としての素質・人格、適性のある人材ということです。まあ私含め、そんなに簡単になれないですけどね(笑)。

 

ただ、もしあなたが毎日の業務に文句ばかり言い、狭い視野でしか業務の良し悪しを見れないような状況なら、是非とも我々サラリーマンの手掛ける仕事は立派で大きな成果に繋がっていくと自信を持ってください。

 

そうした大局的な視野を磨き、ビジネススキルを研鑽することで僅かでも、経営思考のサラリーマンに近づけると思いますよ。無意味な仕事を繰り返すだけがサラリーマンじゃありません!

 

まとめ

では本日の記事の内容をまとめます。色々、私なりに参考になる書籍をご紹介しました。

働く姿勢に関する書籍
・ゼロから“イチ"を生み出せる! がんばらない働き方
・働く君に贈る25の言葉
・今、なぜ部下はあなたに心を開かないのか?
 これからの時代のリーダー論 (Sanctuary books)

 

人間関係に関する書籍
・面白いほどよくわかる! 職場の心理学
・「職場のやっかいな人間関係」に負けない法
・怒られ力 新社会人は打たれてナンボ!
・傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考

 

思考法に関する書籍
・マンガでわかる! 仮説思考
・自分のアタマで考えよう
・バカとつき合うな

独立・経営視点に関する書籍
・新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方
・最強経営者の思考法

 

というリストでご紹介しました。

 

書籍はいつでもゆっくり読める訳ではないと思います。ですが、少し時間に余裕が出来た時に優先的に読むべき書籍が決まっていれば、迷わず有益な情報を順番に吸収できます。

 

もし今回のリストを気に入って頂いたら、是非とも好きな書籍、気になった書籍から手に取って頂き「最初の知恵の習得」を行って頂けたら嬉しいです。私をこれまで築いてくれた卓越した思考法・技術が学べます。

 

書籍より安いKindleで読もうかなという方は・・・
オススメKindle Unlimitedを1カ月無料体験する
スポンサーリンク
おすすめの記事