格安SIMの本当に注意すべきデメリットを教えます【プロが伝授】

スマホ初心者
格安SIMデメリット20選!とか言われても多すぎてそんなに気を付けられないです(T_T)。本当に知っておくべき最重要項目だけを教えて欲しいな。

たけ
了解です。確かにデメリットじゃなく、大手キャリアとの差だけ説明してるサイトもありますよね。ではプロが本当に注意すべきデメリットだけお伝えします。

 

本記事の内容
1.格安SIMの本当に注意すべきデメリット
2.デメリットが少ない格安SIM紹介
3.格安SIMに切り替える意義

たけと申します。本記事を書いている私は

  • 格安SIM(格安スマホ)利用歴6年
  • 携帯回線の保有実績35回線
  • 格安SIMへの乗り換え10回以上
  • スマホ販売台数600台以上

 

という実績を持ち、「スマホ販売の個人事業主」兼「格安SIM乗り換えアドバイザー」という肩書を持っています。「格安スマホ&回線品質の知識は隋一」との自負があります。

 

格安SIMの機能や乗り換えでは分からないことは一切ないという知見を持った私が、格安SIM乗り換えでの本当に注意すべきデメリットを丁寧に解説いたします。

 

格安SIMの本当に注意すべきデメリット

結論として、本当に注意すべきデメリットは

  • 通信速度が遅い、あるいは不安定な時間がある
  • 店舗が無く十分なサポートが得られない
  • 乗り換え時にSIMロック解除が必要な場合がある
  • データ大容量プランがあまり安くない
  • データSIMは災害用伝言ダイヤル、緊急通報が使えない

 

の5点になります。実は皆さん格安SIMへの乗り換えを検討し始めた時点で、キャリアメールやキャリア決済は要らないと既に覚悟しています。なので今更挙げるまでもない項目なんです。

 

本当に知りたい情報、注意すべき情報は、今までと同じ通信品質で同じ使い方ができるか?乗り換え時に注意すべき点は何か?という事に尽きます。その点から言えば本当のデメリット5点だけです。

 

では詳しくご説明いたします。

 

通信速度が遅い、あるいは不安定な時間がある

格安SIMを使う上で、一番大きな問題であり、つねに考えねばならないデメリットは通信速度が遅い、あるいは不安定になる時間帯があるという事です。では実際の回線スピードをご覧ください。

 

2021年6月時点のイオンモバイルの回線速度データですが、昼の時間帯に極端にスピードが落ちます。これはイオン以外の他の格安SIMでも高確率で起こる問題です。なぜこんな低速になるのか?

 

MVNOとも呼ばれる格安SIMキャリアは、大手キャリアMNO(ドコモ、au、softbank)から回線を一部借りてユーザーへ開放しています。借りた狭い回線を沢山のユーザーでシェアしたらすぐに一杯になります。

 

特に昼休みで沢山の人が一斉にアクセスするお昼の時間帯は、狭い回線がパンク状態となってしまうため、必然的に低速になってしまうのです。格安SIMはこのデメリットが避けられません(普通は)。

 

格安SIMに変えるときは、混雑時間帯を把握し、その時間帯に万が一アクセスができなくても良し!と割り切る覚悟が必要なのです。まあ例外的に遅くないキャリアも数個だけですが存在します(後述)。

 

店舗が無く十分なサポートが得られない

店舗が無く十分なサポートが得られない、というのも格安SIMのデメリットと言えます。もしあなたが今大手キャリアをご利用なら、電話サポート、店舗サポート、メールサポートは普通ですよね?

 

キャリアごとにも違いがありますが、電話サポート、店舗サポート、メールサポートの全てが揃っている格安SIMはわずか数個でほとんどは一部だけしか対応していません。メールサポートだけとか。

 

更に回線使用料を安く抑えている分サポートへの投資が少なく、サポート人数が少なく、長時間待たされた挙句いきなり電話が切られたり、メール質問の返事が3日も4日も返ってこないキャリアもあります。

 

こうした特徴がある為、大手キャリア並みのサポートを求めている方は格安SIMは向いていないと思います。つまり格安SIMは、トラブルがあった時にご自分で調べて解決できる方にこそ向いています。

 

乗り換え時にSIMロック解除が必要な場合がある

さきほど格安SIMは大手キャリアから回線を借りて運営していると書きました。つまり格安SIMの通信方式としては、回線の種類で分けると大きく3つの方式がある訳です。

 

格安SIMの回線種類
1.ドコモ系ドコモの回線を借りている
2.au系  :auの回線を借りている
3.softbank系softbankの回線を借りている

 

SIMロックとは、通信用のSIMを特定のキャリアでしかつかえないように制限(ロック)をかけることです。例えばドコモで購入したiPhoneはドコモのSIMしか認識しないようにロックをかけるのです。

 

すると他社のSIMカードが使えないので、ドコモ系回線を使わざるを得ません。例えば格安SIMに乗り換えるときに、ドコモ→au系格安SIMに乗り換えるなら、SIMロック解除が必要になる可能性が高いです。

 

つまり他社のSIMカードで通信できないようロックされている為、大本の回線が変わる場合はSIMロック解除が必要なのです。勿論ドコモ→ドコモ系格安SIMなど、大本のキャリアが同じならSIMロック解除は不要です。

 

データ大容量プランがあまり安くない

実はあまり知られていませんが、格安SIMの大容量プランは結構高いキャリアが多く、正直大手キャリアの方がお得なケースがあります。例えばこちらの料金プランをご覧ください。あくまで現時点です。

 

 

いかがでしょうか?ahamo、povo、LINEMO等が20GBで3,000円前後の価格であることを考えると、20GBで4,700円と言われると割高感があります。実はこれも先ほどの回線シェアの話が理由です。

 

格安SIMでは大手キャリアから借りた狭い回線を皆でシェアすると書きました。狭い回線を長時間占有し、大容量通信を行う場合は、限られた時間と場所の占有費用として割高になるのがやむを得ません。

 

私は忖度無しに「満足度の高い格安SIMキャリア」をご提案していますが、もし30GB以上の通信が希望であれば、大手キャリアのプラン変更か、mobile wi-fiを組み合わせた堅実な手法をご提案します。

 

データSIMは災害用伝言ダイヤル、緊急通報が使えない

格安SIMでも音声通話SIMであれば、災害用伝言ダイヤルや緊急通報なども使えますので、災害や緊急事態時に大手キャリアと同じように緊急時対処することができます。

 

ただ、最近は超格安のデータSIMだけ契約して、電話はLINEでんわを使用されている方も結構多いと思います。そういった方は、緊急時の「万が一の対応」ができないことは覚えていてください。

 

私はいまメイン回線をLINEMO、サブを楽天UN-LIMITにしています。いずれも音声通話ありのSIM契約です。2個とも音声の理由は今述べた通り、「緊急時の対応ができることは必須」だからです。

 

1人暮らしの方でも、最低1台のスマホ(回線)は音声SIMを使うことをお勧めします。万が一の事態に自分だけ大事な情報が入らず、緊急の連絡すらできないスマホでは役に立たないと思いますので。

 

デメリットが少ない格安SIM紹介

私が紹介するデメリットが少ない格安SIMは

  • UQ mobile
  • Y!mobile
  • mineo

 

の3社です。UQとY!mobileは格安SIMというより、大手キャリアのサブブランドですが、非常に安くて優秀なのであえて取り扱っています。では各社の特徴等を以下からお伝えします。

 

UQ mobile

お客様から格安SIMへの乗り換えを相談される時に、まず最初に候補として検討するほど信頼しているキャリアです。私自身も2021年4月まで満期の2年間、超快適に大満足で使っていました。

 

格安SIMのデメリットが少ない理由は

  1. 通信速度が超速く安定している
  2. 小容量の料金が格安
  3. 大容量プランも安い
  4. 店舗・電話サポートがある

 

ということです。デメリットが少ないのでなく、「デメリットが全くない」と認識してます。今後は全国のauショップでもサービスを受けられるらしいので、更に利便性があがり良いですね。ちなみに速度は

 

(参考:格安SIMの通信速度計測)

このように24時間通じて常に10Mbps以上と、全く文句なしの素晴らしい通信スピードと安定性です。通常使用では、格安SIMでUQ mobile程の通信品質のキャリアはそうそう存在しないと考えています。

 

公式代理店のページはこちらです。実は公式代理店で申し込むと、最大10,000円のキャッシュバックがあるので、公式より断然お得です。僕も以前こちらで契約しました。料金プランはくりこしプランです。

 

どのプランを選んでも他社さんと比較して安めですし、何といっても通信品質が抜群に良いです。あなたが格安SIMに切り替えるのであれば、まずはUQ mobileで満足できるかを最初に検討してください。

 

公式代理店UQ mobile公式代理店サイトはこちら

 

Y!mobile

続いてお勧めするのはY!mobileです。こちらも通信速度が速くサポートが充実しているのでかなり良いキャリアです。UQ mobileを使う前はY!mobileで2年間過ごしました。

 

格安SIMのデメリットが少ない理由は

  1. 通信速度が速い
  2. データ使い切っても速い(300k~1M)
  3. 家族割ではかなり激安
  4. 店舗・電話サポートがある

 

という点。非常にバランス良いのですが、唯一UQに劣るのは単独では3GB 2,178円と割高。ただし家族皆で使う場合は、かなり大きい家族割が適用できるので、たけの一押しになります。ちなみに速度は

 

(参考:格安SIMの通信速度計測)

 

昼の時間に一時4Mbpsくらいまで速度が落ち込みますが、他の時間は常に20MbpsとUQ mobileの2倍以上の爆速が出ています。スピードは文句なく1番でしょう。こちらの公式ページで料金を見ると

 

確かに、単独では3GBで2,178円なのでそれほど安くはないですが、家族割の2回線目は900円と激安です。格安SIM No.1の爆速でこの安さ!1人ならUQ、家族で入るならY!mobileという棲み分けですね。

 

公式ページY!mobile公式ページはこちら

 

mineo

続いてお勧めする格安SIMはmineoです。私の田舎の親戚はみなmineoユーザーです。5GBの小容量の通信では抜群の安さで、なんと言っても最も小回りの利く便利な格安SIMと言えます。

 

格安SIMのデメリットが少ない理由は

  1. 通信速度が速い
  2. 小容量5GBが非常に安い
  3. 容量が不足したら簡単に増やせる
  4. ファンサイトのサポートが手厚い

 

という点。速度も比較的早いのですが、mineoと言ったら「容量を手軽に増やせる」「ファンサイトで何でも聞ける」というアットホームで小回りの利いた対応に強みがあります。ちなみに速度は

 

(参考:格安SIMの通信速度計測)

 

お昼の時間帯に一時スピードが落ちますが、その他の時間帯は5~10Mbps程度と早い速度を維持してます。また友達とパケットを分け合ったり、マイネ王という会員サイトで活発な質疑応答があるならかなり珍しいアットホームな格安SIMです。

 

価格に関しては、こちらの公式ページを見ると

 

5GBの料金が1,518円と非常に安くてお得ですね。UQ mobileとY!mobileは3GBの次が15GBになってしまうので、5GB程度を安く、更にパケットも自由に増やしながら使うならmineoが良い選択です。

 

公式ページ公式ページはこちら mineo

 

格安SIMに切り替える意義

まず一点目の意義は「圧倒的な家計節約ができる」ということ。

 

僕は過去にD社で月額9,200円払っていました。妻も同じプランだったのでやはり9,000円くらい。それが格安SIMを導入したら夫婦合わせて月額4,000円に、すなわち月額14,000の削減ができました。

 

例えば何のスキルも当てもない状態で、ずっと継続的に毎月14,000円稼ぐのは至難の業です。ですがスマホ料金の場合、大手キャリアの割高プランから格安SIMに変えるだけで生み出せる金額です。

 

知ってるかどうか、やるかやらないかだけで莫大な家計節約ができるというのが一点目の意義です。二点目の意義は、家族に自由にお金が使えるということ。

 

もちろん家計の節約あってこそですが、我が家では浮いたお金で娘の習い事を増やすことができました。色々な可能性を秘めた子供が、「やりたい!」と言ったことは何でもさせてあげたい。

 

でもたかが携帯料金で高額な支払いをしていては、いつまでたっても余剰資金が作れません。格安SIMの導入は、あなただけでなく家族みんなの生きがい、やりがい、幸せに繋がることお忘れなきよう。

まとめ

結論として、本当に注意すべきデメリットは

  • 通信速度が遅い、あるいは不安定な時間がある
  • 店舗が無く十分なサポートが得られない
  • 乗り換え時にSIMロック解除が必要な場合がある
  • データ大容量プランがあまり安くない
  • データSIMは災害用伝言ダイヤル、緊急通報が使えない

の5点になります。

 

私が紹介するデメリットが少ない格安SIMは

  • UQ mobile
  • Y!mobile
  • mineo

の3社です。

 

家計節約、家族に自由にお金が使えるというメリットを考えても格安SIMへの切り替えはとても賢い選択だと思います。知っているだけ、変えるだけで月に数千~数万円作れる方法は滅多にありませんよ。

 

追伸

「携帯料金を削減したいけど面倒だし難しそうだな・・・」
「格安SIMにしたいけどやり方分からない
「専門家に一番良いプランを教えて欲しい

 

そんなお悩みをお持ちの方は、まず弊社ライン商会へ気軽にご相談ください。最初に無料相談で「いくらまで節約できますよ!」と明快に答えます。無料相談だけで全然OK!

 

もし弊社と二人三脚で本気で節約を目指すなら

1.あなたの使用状況に合わせ
2.あなただけのプランを作成し
3.skype,ZOOMで共有画面で契約サポート
4.平均実績 月額8,609円の節約

 

をぜひ達成しましょう。サポート無しで気軽にサッと乗り換えるなら、ライン商会代表 武田幸士がお墨付きの格安SIM6選マニュアルなどもお安くご用意しています。

 

とにかく、悩まず、考えず、とりあえずページ下部の【無料相談からお気軽に】携帯料金大幅削減」から1分無料相談をどうぞ(^^)

【無料相談からお気軽に】携帯料金大幅削減

✅携帯料金が高くて困っている
✅キャリアや契約プランが分からない
✅格安SIMの乗り換えは良く分からない

ご心配無用です!簡単な無料相談から始める「携帯料金削減サービス」をご提供しています。これまでのお客様は平均8609円の削減ができています!

ぜひお気軽に無料相談をどうぞ(^^)

おすすめの記事